こんにちは、スタッフの田中です。元気に長生きには「筋肉量が大事!」だそうです。

ハードなトレーニングは大変ですが、出来る範囲で続けることが大事ですね!

 

ロレックスは手放したくないが、お金が今必要な方は質預り(質入れ)がおススメです。
→ロレックスの質預り(質入れ)価格について詳しくはこちら

 

今回は、ロレックスの金無垢、デイデイト「18238A」をお買取りさせて頂きましたのでご紹介いたします。

都内からお越しのお客様より買取の依頼が有り、お売り頂きました。誠にありがとうございました。
今回お買取りのこちらの時計、ガラスに傷はありましたが、その他は非常に綺麗な状態でした。あまり使用されていなかったようで、通常より高額にてお買取りさせて頂きました!付属品に関しましては、残念ながら保証書がなく、箱と冊子のみでした

上限参考買取相場は上限170万円程(R3.6月現在)(*相場は日々変動します。付属・状態・製造年によって変わります。)

ロレックスが高く買取できた理由は?

■相場が好調なタイミングだった。
現在スポーツモデルを皮切りにその他のモデルの相場も大変好調です。数年前の買取参考価格は100万円程でしたが、現在は上限170万円程と相場が非常に上昇しております。

■状態がよかった。
金無垢の場合、使用すると自然に削られ角が丸くなっていったり、傷がついていたりしますが、今回のものは角が立っており、ブレス伸びもなく、非常にいい状態のものでした。ガラスに傷がありましたが、その他は非常に綺麗な状態でした。

■付属品も保証書はないものの、その他箱・コマ・冊子が有った。
保証書がなかったのは非常に残念でしたが、ブレス調整によって外されたコマが有ったことはプラスとなります。

 

ロレックス・デイデイト「18238A」ダイヤ新旧違い

1995年頃にダイヤの台座が変更され、それによりダイヤモンドがより大きく見えるようになりました。ダイヤモンドの大きさ自体が変わったわけではありませんが、台座が変わったことで大きな変化になっています。ラグジュアリー感もさらに増して、カッコいいですね。
(*上写真のものは18238と型番が違いますが、新ダイヤのタイプとなります。)
↓今回のお買取りさせて頂いたものは旧タイプのダイヤでした。

「18238A」は製造が1988年~2000年頃ですが、95年にダイヤの仕様変更がされたので、新ダイヤのタイプは5年間のみの生産です。その為、新ダイヤ入りのタイプは数が少なくなっています。

 

 

まとめ

スポーツモデルが相場好調のロレックス。定価を超えたプレミア価格となっていますが、デイデイトの近年の相場上昇も目を見張るほどです。金無垢時計は昔流行った感じもあり「最近手にできないよね」と言って手放す方が増えているように感じます。現在非常に高騰しており、さらに金価格も利上げ等の影響で下がりそうなところを考えると、今のうちに手放してしまうのも良しなのかもしれません!金無垢のデイデイト、今後の値動きが気になります。

 

 

 

自分のロレックスの相場はいくら? 気になったら・・・LINE査定・お電話にてお気軽にお問い合わせください。
→ここをクリックして詳細を見てみる

 

宅配買取りもやってます! →ここをクリックして宅配買取り詳細をみてみる。