こんにちはスタッフの田中です。新型コロナウィルスが流行り、マスクや消毒液が手に入らないなど、様々なところで影響がでており、ますます心配になります。

 

マーチンのD-28 アコースティックギターをお買取り致しました。

相場は12-15万  (R2.2月 相場は変動いたします。予めご了承下さい。)

定年後、ご自身にて楽器修理を考えていたというお客様でしたが断念され、終活の一環として、手元にあったギターを手放すことに決めたとのことで、その他クラシックギターやエレキギター等数本も一緒にお買取りさせて頂きました。

有難うございました。中でも今回はアコギをやっている人なら1度は持ってみたいと憧れの、マーチンについてご紹介させて頂きたいと思います!

 

 

まず、ハードケースについて。通称ブル―ケース。マーチンの70年代のケースです。年式によって前期型、中期型、後期型の3タイプがあるようです。

<前期型= ケース接地部分 ロゴマーク 開閉金具><中期型=ケース接地部分 ロゴマーク 開閉金具><後期型=ケース接地部分 ロゴマーク 開閉金具>

今回のものはケース接地部分がスチールで、ロゴマークがシールでなく彫られており、開閉の金具が5つありましたので、中期のもののようです!

本体のシリアル番号も358***~となっていましたので、1974年製となり、箱と中身が一致しておりました。査定額UPのポイントです♬

次にトラス・ロットです。古い年式ですので、現在のアジャスタブルトラスロッドは入っておりません。1967年以降採用の丈夫なSQネック仕様です。

過去、マーチン社では色々なT型スチールバー・四角型スクエアバー等採用しておりましたが、1985年以降より自身にて埋め込まれた金属の棒をレンチにて回して、ネックの反りを補正できるトラスロットへと変化をしております。(音に関しては色々とご意見があるようですが・・・。)このギターは1974年製となり、この辺りも矛盾なくばっちりあっています。

 

 

トラスロッドのない年代物、査定のポイントになります♬現在はすっかり弾かなくなってしまった方、是非、当店へご相談ください。

 

また、質預りも可能です!お金は必要・・・だけど売りたくない方は質預りがおススメ♬

LINEやお電話にて事前にお値段のご相談に対応いたしております。是非お気軽にお問合せ下さい。

→ココをクリックしてLINE査定をしてみる